効果的な飲むタイミングや方法は?

野菜や果物にはポリフェノールがたくさん含まれています。
ポリフェノールには、体の中で生まれた活性酸素を取り除く
働きがあるとされています。ポリフェノール類は熱に強く、
加熱しても壊れにくいと言われています。
ビタミンAやβカロテンは油に溶けやすい性質がありますので、
炒めものにしますと損失量が少なくなり、効率よく摂取できます。
加熱調理すると損失が多くなると言われている栄養素に
、ビタミンCがあります。肌にもよく、抗酸化作用もある
ビタミンCですが、熱に弱いので破壊されてしまいます。
効率的な摂取方法は、新鮮なものをサラダなどにして熱
を加えないようにしますと、ビタミンCを壊さずに摂取
できます。ビタミンCは水に溶けやすいので、スープなど
にした場合、汁ごと飲むと効果的です。ビタミンCは水
に溶けて体の外に排出されやすいので、体内に貯えてお
くことができません。そのため、ビタミンCを取っている
期間だけ、体に良い効果が期待できます。
骨粗しょう症の予防にカルシウムをとることは、とても
有効です。そのカルシウムですが、人の体内には、なかなか
摂取されにくい成分です。カルシウムが多く含まれている
食品に乳製品があります。効率的にカルシウムを取り込む
ためには、食後よりも食事の前、朝よりは夜の方が良いです。