未分類

野菜や果物にはポリフェノールがたくさん含まれています。
ポリフェノールには、体の中で生まれた活性酸素を取り除く
働きがあるとされています。ポリフェノール類は熱に強く、
加熱しても壊れにくいと言われています。
ビタミンAやβカロテンは油に溶けやすい性質がありますので、
炒めものにしますと損失量が少なくなり、効率よく摂取できます。
加熱調理すると損失が多くなると言われている栄養素に
、ビタミンCがあります。肌にもよく、抗酸化作用もある
ビタミンCですが、熱に弱いので破壊されてしまいます。
効率的な摂取方法は、新鮮なものをサラダなどにして熱
を加えないようにしますと、ビタミンCを壊さずに摂取
できます。ビタミンCは水に溶けやすいので、スープなど
にした場合、汁ごと飲むと効果的です。ビタミンCは水
に溶けて体の外に排出されやすいので、体内に貯えてお
くことができません。そのため、ビタミンCを取っている
期間だけ、体に良い効果が期待できます。
骨粗しょう症の予防にカルシウムをとることは、とても
有効です。そのカルシウムですが、人の体内には、なかなか
摂取されにくい成分です。カルシウムが多く含まれている
食品に乳製品があります。効率的にカルシウムを取り込む
ためには、食後よりも食事の前、朝よりは夜の方が良いです。

美容や健康を気にする人は、当然ですが毎日の食事
にも気をつかっております。ですが、中には摂取して
いるサプリメントや服用している薬と一緒に飲む事で、
副作用を引き起こしてしまう可能性がある食品もあり
ますので、注意が必要です。
一般的に健康食品などは、医薬品とは異なりますので、
身体に良くない事が起こる事は、まず無いと考えても
良いでしょう。プロポリスやローヤルゼリー、青汁
は食品になります。ですので、野菜やお肉などと変
わらないのです。
ですので、定期的に病院に通っている人で、何か
健康食品を摂取しようと思った場合は、一応医師に確認
をして、飲んでいる薬との相性は大丈夫なのかどうかと
いった点だけを、確認するようにして下さい。そして、
医師からOKが出れば、摂取しても問題は無いでしょう。
ですが、一点だけ気を付けなくてはいけない事があり
ます。それは、健康食品などを摂取していると、好転反応
というものが起こるという事です。これは、身体の中に、
良いモノを取り入れることによって、体内の毒性物質など
を排出する際に、引き起こされる、一過性の症状になります。
中には、頭痛を引き起こしたり、身体がだるくなったりし
てしまうのですが、それを良くない症状だと判断してしま
う事があるのです。この場合は、身体が良くなる兆しなん
だという風に、気持ちを切り替えて、乗り越えることが、
健康になるための第一歩ですので、注意して摂取するよ
うにしましょう。

私たちの食事は次第に欧米化してきています。
そのせいか、普段からコレステロールや炭水化物を多く
摂取しがちであり、野菜や果物を取る機会が少なくなりました。
また、仕事が忙しいと、自炊する時間も無くなり、つい
、簡単に出来るレトルトやインスタント食品を多用していまいます。
そのため、身体の栄養バランスが崩れ、免疫力が低下
して、いろんな病気にかかるリスクも増えてしまうのです。
野菜や果物には、沢山の栄養素が含まれており、体内
の機能を維持するほかにも、食物繊維は身体の老廃物
を排出する働きがありますので、不足すると疲労感や
倦怠感が蓄積され、少し動くのも辛くなります。
食物繊維の一日の摂取量は、男性で一日19g以上、女性では
17g以上とされています。
外食などが多くなると、どうしても食物繊維が不足しがち
になりますので、出来れば食物繊維が含まれている飲み物
などで、繊維を補いましょう。
コンビニエンスストアなどでも、食物繊維が含まれている
栄養ドリンクは販売していますし、手軽に食物繊維を取る
ためには、野菜や果物をジュースにして飲んでも良いかも
しれません。
ジューサーやミキサーがあれば、家でも簡単に野菜ジュース
が作れますし、酵素も一緒に取れますので、健康にも良い
のでおすすめです。

今日ではサプリメントの品質向上とマーケティング
成功が奏功して、人々の生活に取り入れられています。
各種栄養素の補給に特化し、その非常に多いバリエー
ションから、足りないものはないのではないかとすら
感じられます。ところでこれは本来は健康補助食品と
いう意味で、なんらかの食物から同等の栄養素を得る
事はできるはずです。そして実は新鮮な食品を栄養の
バランスを考慮してメニューを作れば、本来は欠くべ
からざる商品とまでは言えないのです。

例えばダイエット系の商品には、食物繊維を取り入れた
ものや脂肪分解を助ける燃焼系のものがあります。
しかし食物繊維を摂取するのなら、季節の野菜・果物・
海藻・きのこなどを常識的な量を食卓に上げれば実は十分
に摂取する事はできます。便秘体質の人であれば少し多め
にするなどの工夫で十分です。また脂肪燃焼系の商品も、
調味料としての唐辛子・豆板醤・タバスコ・キムチなどを
工夫して取り入れれば、唐辛子由来のカプサイシンによっ
て充分摂取が可能です。

ではサプリメントは不要なのでしょうか。そうではあり
ません。例えばビタミン各種を生野菜などから摂取しよう
とすると、相当量の野菜が必要です。毎日とるには現実的
ではない分量となります。こういう場合にサプリメントを
用いれば良いのです。どのような成分を採る必要があるのか、
を考えて、それを効率的に摂取できるのはどの方法なのか、
を考えればいいのです。

大人ニキビを治すためには、必要な栄養素を摂取して
体の中からケアすることも大切です。大人ニキビに効果的
な栄養素に、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、
ビタミンC、ビタミンEがあります。ビタミンAにはニキビ
の原因となるアクネ菌の増殖を防ぐ効果が期待できます。
ビタミンB2は過剰な皮脂分泌を抑制する効果が期待でき、
ビタミンB6はたんぱく質の代謝促進効果から免疫力アップ
になります。また、ビタミンC、ビタミンEには抗酸化作用
があるので活性酸素によるニキビの原因を抑えること
ができ、皮脂が毛穴に詰まることで出来る、過酸化脂質
も予防することができます。これらの栄養素を多く含む
食品には、ビタミンAはニンジン・かぼちゃ・うなぎ・
レバーなどがあります。ニンジンやかぼちゃにはβカロテン
が豊富で、βカロテンを摂取することで体内でビタミンAに
変えられます。ビタミンB2は納豆・卵・うなぎ・レバー、
ビタミンB6は青魚・豚肉・レバー、ビタミンCはアセロラ
・ゆず・レモン・赤ビーマン・芽キャベツ・セロリ、
ビタミンEはモロヘイヤ・アーモンドなどのナッツ類・
たらこなどに多く含まれています。これらの栄養素を
しっかりと摂取することで大人ニキビの予防になります。

野菜03

コエンザイムQ10は、アンチエイジングだけでなく
美容にもいいイメージが定着しています。
しかし、一般に販売されているものは、酸化型
コエンザイムQ10と呼ばれるもので、
体の中でそのまま働くことができません。
酸化型コエンザイムQ10は、腸で消化収集されることで、
還元型コエンザイムQ10に変化し、体内で働くことができます。

年齢を重ねるごとに、酸化型を変換する働きが弱まってしまい、
消化吸収のスピードも衰えてしまいます。
ですから、せっかく酸化型コエンザイムQ10を摂取しても、
体内にはあまり取り込まれないことがよくあります。

ですから、最初から吸収に適したコエンザイムQ10を
摂取することで、
確実に効率よく体内に取り入れることができます。
酸化型コエンザイムQ10より価格は高くなってしまいますが、
その分きちんと働いてくれます。
コエンザイムQ10は、体内でエネルギーを作り出す働きと、
活性酸素を除去する働きがあるので、サビから体を守ってくれます。
そのために、健康で若々しい体のためには欠かすことができません。
コエンザイムQ10が不足してしまうと、疲れやすくなるだけでなく、
お肌の調子が悪くなってしまったり、風邪をひきやす
くなってしまいます。

コエンザイムQ10は、生命活動をするうえで大切な
成分になります。補酵素のひとつになりミトコンドリア
のなかに存在しています。エネルギーを作り出す働きを
しています。アンチエイジング効果や老化予防効果など
の作用があります。コエンザイムQ10は抗酸化作用が
強いので体の錆をとってくれる働きがあるのでシミや
しわ・たるみなどに摂取すると効果があります。心臓の
周辺に多く存在している成分になるので、心機能を高める
働きもあります。活性酸素によって酸化する悪玉コレステ
ロールを減少させる働きもあるので、動脈硬化をふせぐこ
とができて、生活習慣病を予防することができます。
コエンザイムQ10にはいくつかの種類があります。
酸化型コエンザイムQ10とは、体内に入ったあとで還元型
にかわる性質をもっています。還元型に変わることによって
はじめて体内で働くことになります。吸収率が悪い理由は、
体内にあるコエンザイムQ10とは形が違うという性質を
もっているからです。体内にあるコエンザイムQ10は
還元型で働いているので、還元型に変換する手間がかかる
ので吸収率が悪くなります。還元型コエンザイムQ10は、
吸収率が高いという性質があります。

CoQ10は美容成分としてよく知られていますが、動脈硬化
や心臓病、がん予防などにも効果が期待できる成分です。
このCoQ10は体の中にもある成分ですが、加齢や病気、
ストレスや薬物、過度の運動や運動不足などによっても
減少するといわれています。この成分が減少することで
エネルギーの減少、老化や免疫力の低下を起こすといわ
れています。この成分は身体に必要なエネルギーを作り
だすために必要な成分です。この成分が低下することに
より、特にエネルギーを多く必要とする心臓や肝臓、腎臓
や免疫機能などに大きな影響を及ぼします。また、この成分
には抗酸化作用があることで知られる成分です。近年では、
がんなどの病気以外にも様々な病気が活性酸素が原因で発症
しているという報告があります。この様々な病気の原因とも
なる活性酸素の働きを抑制するのが抗酸化作用のある成分です。
CoQ10には強い抗酸化作用があることから、病気の発症を抑える
だけでなく、改善効果もあるといわれています。この成分は
、強い副作用などは確認されていませんが、胎児や幼児に対
しての副作用に対しては、しっかりとした研究結果がないこと
から服用する際には医師などの専門家に相談する必要があります。

最近肌がゴワゴワしてきた、老化が気になるなんて
いうことはありませんか。同じ年齢なのに若々しい方
もいれば老けて見える方もいます。元々生まれ持った
肌質も多少関係していますが、ほとんどがお手入れや
生活習慣の差なのです。
人は呼吸により酸素を取り込みます。しかし、生きていく
うえで必要な酸素が紫外線、油分の多い食事や食品添加物、
タバコなどの原因で活性酸素となり、体内で増えてしまう
と肌や身体の老化を招くのです。鉄などがサビるように
身体もサビてしまい、老化の原因となるのです。
そこで抗酸化作用のあるものを摂取することが大切です。
CoQ10やビタミンなどを摂ることが大切です。特にCoQ10は
酸化してしまったビタミンEの抗酸化力を回復させるという
とても大切な役割があります。しかしCoQ10は年齢とともに
減少してしまうため、外から補う必要があります。食品だけ
では難しいため、サプリメントなどで摂取することで内側か
らケアをすることが大切なのです。
抗酸化はアンチエイジングに良いだけではなく、身体の老化
にも役立つのです。酸化を防ぐためには抗酸化作用のある栄養
を摂取することと、紫外線に当たらない、タバコは控えるなど
の生活習慣が大切なのです。